ぱすてるからっとの未来展望 ( 2018年 )

◆ 劇団ぱすてるからっと は、公演数増・外部提携による規模拡充を目指します。

  • LINEで送る

 どーも、演出の僕です。
少しばかり長いですが、お時間あれば是非、僕の考えを聞いてください。

 2017年。ぱすてるからっとは念願の年4回公演を達成致しました。
日本に沢山ある劇団の中で、年4回公演は多い方だとよく言われます。
沢山の劇団を見てきたであろう劇場さんや演劇情報誌スタッフさんが揃ってこの反応ですから、確かでしょう。
とても誇らしいことですし、支えてくれた演出助手・制作・キャストの皆さんには感謝しかありません。
ただ、これで満足して良いのか?と、常に考えてきていました。


なぜ年4回公演を行ったのか。
答えは単純で、劇団を大きくするためです。
公演を行うたびに、少しづつではありますが、劇団を応援してくれるお客様が増えていき、
沢山のキャストのみんなと出会うことが出来ました。
劇団を大きくすることで、人との繋がりを広げていき、よりご満足頂ける舞台を造ることが出来るようになりました。

劇団を始動したばかりの頃は、キャストが出演してくれるだけで嬉しかったですが、
同時に、それ以上の恩返しがキャストに出来ていないのでは…という悔しさがありました。
「ぱすてるからっとに出ると、こういうメリットがある」という確かなものを作りたかったのです。
僕たちはいつでも、出演してくれるキャストへの恩は忘れません。


しかし2017年。
ぱすてるからっとは常に満席の公演を打てる劇団へと成長し、応援してくれるお客様がつきました。

ぱすてるからっとの満席の公演を観て「私も出演したい」と言ってくれたり、
ぱすてるからっとに出たらファンが付いたと喜ぶキャストが出始めました。
劇団創設時に思い描いていた、劇団・キャストお互いにとっての出演のメリットを、
少しずつではありますが、作れてきているのではないかと実感しています。

これは連動して、素晴らしい舞台と素晴らしいキャストをお客様にお見せできることであり、
劇団・キャストに加えて、お客様にもメリットを生むことが出来ると考えています。
僕たちはいつでも、足を運んでくださるお客様への恩は忘れません。


以上のことから、劇団を大きくすることが皆様への還元となります。
だからこそ、
少しだけ大変だけど、少しだけ大変な思いをさせてしまうけど、
頑張って多くの公演を世に送り出したいのです。


そして2018年。
“年4回以上の公演数”を目指すことを目標として掲げました。
ですが、ただ公演を多くすれば良い訳ではない。
いままでのぱすてるからっとを確かに約束する、安定して、質の高いものを造ります。
この目標達成の為に、外部脚本・外部制作の確保を行います。

外部の脚本家をお招きすることで、僕には書けない新しいぱすてるからっとが造れるでしょう。
どうしても、僕だけでは考えが凝り固まってしまいますし、作風が似たり寄ってきてしまう可能性もあります。
ぱすてるからっとは常に“クリエイティブで新しいこと”をモットーに活動していますから、
いつまでも新鮮で新しいものが造れるワクワクがあります。
ですが前述の通り、お客様が望む“ぱすてるからっとらしさ”は残し、
サブライターとしての参加や脚本会議の参加等、出来る限りの補助をさせて頂き、安定化をお約束致します。
僕や劇団だけでは出来なくても、外からの助けがあれば、実現出来ると確信しています。


そして節目節目に、僕の脚本での公演や、その集大成となる公演を、大劇場で行えたら…
そんな夢を、今年の劇団の目標として選びました。


これからも、お客様に「新しい!」と思っていただける舞台を造ります。
もし少しでもいいなと思っていただけたら、
是非是非劇場へお越しくださいませ。
僕自身、劇団一同、スタッフ一同、そしてキャスト一同で、心よりお待ちしております。
お客様へ。心からの、ありがとう。


新作公演の続報は劇団ぱすてるからっとホームページ及び公式Twitterで発表しております。
末永く応援宜しくお願い致します。





   劇団ぱすてるからっと 佐藤颯




  • LINEで送る















inserted by FC2 system